ヘアケア剤が肌のトラブルを起こしている?

CLAY HAIR

 

おはようございます。

indeiです。

肌にダメージを与える物質の多くは、ヘアケア剤によって肌の上に蓄積されます。

こーんな事を言われたら、お客様は「え?」って驚かれますよね。

「じゃ、毎回高いお金払ってやってるトリートメントは何なの?」

ってなりますよね。そうなのです。

髪の毛に対しての、内部補修や架橋は効果絶大ですが。

しかし、頭皮的にはどうなんでしょう。

育毛の観点で見たら・・保湿は必要ですが

コーティング剤はいりません。

皮膚の角質層の主成分であるケラチンは、弱アルカリ性。
汗をかいて、皮膚表面の脂肪酸と混ざりあって弱酸性になります。
自分の身体で作り出したこの、エマルジョンこそが一番重要なのに、
現代人は、洗いすぎてバリア機能までも壊しがちです。
それを本来の状態に戻してあげることが大切です。
「洗う」といえば、美容室で働くスタッフはどうでしょう。
毎日のお仕事で手が荒れて、ドライヤーの乾燥から
激しい痒みで痒くて痒くて死にそうです~!と
掻きむしっていたスタッフの手。

原因は色々ありますが、
これは、簡単にはいきません。
薬で、炎症と痒みを抑える方法もありますが。
今回は
1)クレイルのブルーモンモリオナイトで
クレイパックをしてみました(5分放置)
2)オフしてよく洗い流す
3)タオルで丁寧にふきとる
4)保湿力の高いクリームで保護
たったこれだけの事ですが、
その晩は、痒みがかなり引いたんですよ!と
と話してくれました。
それでも、その後は一進一退。涙
クレイは
使い続けてみないとわからないし
使い続けて効果があるとも限らない。
どっちだよって話ですが。笑
正解はないし、治るとは伝えられない。
難しいですね。
 それで、
天然のクレイのもつチカラ
・ミネラル交換作用
・抗炎症作用
・肌の保水力を回復させターンオーバーを整える作用
が働いて痒みが薄らいだのだと考えます。
注意点は
・放置時間を長めにおかない。(乾燥を防ぐ)
・油分を補うという観点ではなく、保湿力の高いクリームで
肌を保護しながらバリア機能を整えていく。

プラスに帯電しがちな肌に、マイナスのスキンケアを。

 

髪の毛は血の余剰分なので、まずは身体を休めて血液が

頭皮に回っていく環境を整えていきましょう。

 

 

※ブルーモンモリオナイトフランス産・エコサート認定高純度クレイ
カルシウム、マグネシウム、カリウムなど多くのミネラルを含んだ
クレイです。

indeiでした。

 

 

 

Pocket
LINEで送る