ヘナとクレイでデトックス・レッドイライト編(2)

CLAY HAIR

 

皆様こんばんは。

indei です。

前回の投稿が、一部の方に好評をいただきまして。笑

ライン登録や、メルマガ登録もしていただいた方もいらっしゃり

ありがとうございます!嬉しいです!

 

それでは、前回の続きをいってみましょう♪

前回の染め上がり後に、ふっと沸いた疑問

レッドで染まったピンク色の色持ちはどうなんだろう?

これ、美容師目線ですね。笑

 

では、

1)市販のラウレス硫酸アンモニウム、キシレンスルホン酸アンモニウム、ラウロアンホ酢酸NA配合の洗浄力高い成分オンパレードのシャンプーに、つけて30分放置して、洗い流してみました。

染めて一度目のシャンプーですからね。

そりゃぁ、こんな色がシャンプーの中に流出するな。

これを10回くらい繰り返そうと思いましたが。

やってられないので。

こうなったら、これはどう?!って

2)除菌もできる中性洗剤をシャンプー代わりに

使います。

ブルーの洗剤が透けてきれいですねぇ。

因みにPHは7.8ね。

3)どぼどぼと入れて30分放置します。

4)2回目なので、これくらいの流出ですね。

 

それで、毛束の色落ちの結果はどうでしょうかー?

はい!☟

レッドクレイのピンク色は、意外と残っている!

 

あぁ、そうだ。

これは、レッドクレイに含まれている、二酸化鉄の特徴

酸化鉄は、鉱物系のミネラル色材として、化粧品などに使われている(少量でもしっかり発色する)ことを思い出せば納得でした。

一般的には皮膚刺激や、皮膚感作性は問題ないといわれていますが、

金属アレルギーなどがある方は、一応パッチテストをしてからの使用された

方がいいかなと思いました(放置時間が30分以上と長いため)

 

次回は人頭で。

まだやるのか。笑

明日もいい一日でありますように。

Indei でした。

Pocket
LINEで送る