John Mayer/ Shadow days

John Mayer

John Mayer had been successful and though the disease attacked him, it only made JM’s fans much tighter.

I was relieved that he recovered.

I’m so happy to live the same age of him.

2012年6月27日、待ちに待った通算5枚目のアルバム「ボーン&レイズド」が発売。 先行シングルとして、現地時間に発表されたこのVを見ながら、JM仲間と歓喜したのがついこの間のようです。

曲もロケ地もヘアーも全て素敵だ。

アルバムのメイキングのロゴ写真も、本当に素晴らしいのです。(後日ご紹介しましょう) で、1:49秒でまた、隠れ萌ポインツのあの変な笑顔をしています。笑

しかし、このあとに病気が再発。。

一人のアーティストを追いかけて、勝手に自分の人生とシンクロさせる。。

ジョンと同じ時代に生きていることが嬉しい! (以下:2013年3月のインタビュー記事より抜粋)

「薬さえ飲めば、簡単に治ると思っていたんだ。でも僕の問題は酷くなるばかりだった。」 このときジョンの病気を治療すべく、医師団は喉に大量のボトックスを注射するなどして声帯を麻痺させたという。 「(その治療のせいで)3か月か4か月くらい、一言も話せなかったんだ。」 「大変だったさ。でもおかげで新しい人生をスタートさせることができたよ。」 声を失ったジョンがコミュニケーションのツールに用いたのは、iPadだったそうだ。ジョンは「何かを伝えるのに、いちいちiPadに入力しなければならなかった。大変だったよ」と当時を振り返っている。 さて、そのような辛い時期を経た今の状態は? 「治ったなんて、信じられない気分。だけど2週間に一度はチェックしてもらっているんだ。それ以降、変化はないよ。」 「また演奏できるようになったこと、それが僕にとって一番のギフトさ。」 「喉にできた肉芽腫が消えたと知ったとき、人生のセカンドチャンスが貰えたんだってことが最もエキサイティングだったね。」

I’m a good man with a good heart Had a tough time, got a rough start But I finally learned to let it go Now I’m right here, and I’m right now And I’m open, knowing somehow That my shadow days are over My shadow days are over now    

Pocket
LINEで送る